ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

AG5研究レポート進捗報告

2020年9月:アグアスカリエンテス日本人学校「対話的学習の充実のための「学習形態」と「手立て」①」

報告:アグアスカリエンテス日本人学校 阿部邦広 研究主任

      サンホセ・アグアスカリエンテス日本人学校合同遠隔授業 及び 合同事後研修

 

1 遠隔合同授業の概要

  対象  小学部5年生 3名(SJ校1名・AC校2名) 

  日時  9月29日(火)4校時(SJ校 10:10~11:00・AC校 11:10~12:00)

  単元  社会科 『これからの食料生産とわたしたち』

  本時  「どうして国産は安全と言われるのか,それは本当か」 第3時/全7時間

 

 

2 遠隔合同授業の様子

  学習活動及び児童の様子

 導 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 T1:『どうして“国産”は安全なの?それは本当?』     

   ミヤちゃん(社会科キャラクター)は知っています。

   その答えは『よく見えるから~』    

 

 

   

 

 資料を選んで,ロイロノートで調べ学習を行い, 分かったことをテキストカードに記入する。

(① お肉のナゾの番号 ② たくさんの顔 ③ おいしさアプリ)   

      

 C1:野菜や果物にその生産者の人の顔,名前,IDが書いてある

    ことが分かった。 

 C2:お店で買う人が安心できるように,AIで野菜の味を伝える

   ことができるアプリがあることが分かった。

 C3:牛の耳についているタグで,牛がどこで生ま れたかや,牛

   の種類が分かる。

 

 

 テキストカードを友達に送信し合い,しゃかイカチャートにまとめる。

 C2:安心安全な食料品はどんなものでしょうか。 

 C1:国産の食料は,食料のことが詳しく書いてある

   から安心して食べられると思う。

 C2:『よく見えるから~』とは,どういうことだ

   と思いますか。

 C1:野菜の味がアプリで見えて,その野菜を作っ

   た人の顔もよく見えるということだと思う。

 C2:アプリや牛の生まれた場所など,国産品の食

   べ物は情報が詳しくのっていることが,安全

   性や安心につながると思う。

 

 

 

   課題のまとめを書いて,提出箱に提出する。

 Google formで授業の振り返りをする。        

 

 

3 事後討議

 ① 対話的学習の充実のための「学習形態」(ロイロノート + iPad)は有効であったか。

メリット デメリット

・リアルタイムで考えを書き込み,文字で提示し,情報

 共有ができる。

・他者の意見を書きながらでなくても,授業に参加でき,

 話し合いに集中できる。

・ 操作に慣れるまでに時間がかかる。

・ 端末以外でノートが見られない。

 →紙のノートはこれからの時代に合っているのか。  

・普段の対話との違い。

 ロイロノートという手段を活用することで,情報共有ができ,学習の環境が整った。

 →対話が深まり,目的である授業の課題解決ができた。

 

 

 ② 対話的学習の充実のための「手だて」(独自のシンキングツール)は有効であったか。

メリット デメリット

・課題解決までの流れがあった。

 →見通しをもって授業に参加できる。

・仮解答により,ゴールが明確にあって話し合いやすい。

・全員が参加する必要がある授業形式。

・キャラクターに親しみが持てる。 

・全ての資料が与えられていた。

・一人一つの資料を分担していて,多様な考えにつなが

 らない。

 →一人一人が所属意識を持つ,第一段階としては良い。

・仮解答の深まりはあったか。

 シンキングツールによって,様々な情報を整理し関連付けながら,話し合いやすくなった。

 対話的な学習を継続することで,今後は多様な意見につながる違う展開も考えられる。

     

 

4 研修のふりかえり

 

 

 

感想                       

 ・児童がお互いに刺激を受けて,日に日に     

  変わっていく様子がよく分かりました。

  このような交流自体がとても価値のある

  ことなのだろうと思いました。

 

 ・ICT活用の具体なイメージがもてる素晴

  らしい授業でした。