ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

AG5研究レポート進捗報告

2020年11月:アグアスカリエンテス日本人学校「多様な意見に触れるための「手立て」」

報告:アグアスカリエンテス日本人学校 阿部邦広 研究主任

     サンホセ・アグアスカリエンテス日本人学校 合同遠隔授業 及び 合同事後研修

 

 

1 小学部第3学年道徳 合同授業の様子

  対象 小学部3年生 12名(SJ校1名・AC校 11名)

  日時 11月18日(水) 4 校時 (SJ校・AC校11:15~12:00)

  単元 内容項目 C 公平,公正,社会主義 「なおとからのしつもん」

  学習活動及び児童の様子

 導 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 T:大きいケーキを Aさん 小さいケーキを Bさんにあげます。どう思いましたか。

                

 

 

 

 ブレイクアウトセッションで 役割演技をする。     

 席替えの時のこと・・・

 

 C1 :よろしくね!(不公平な態度をとられる役)

 T1 :えー嫌だなぁ。 何も話すことないなぁ。(なおと役)  

 

 

  


 

 ロイロノートのテキストカードに記入し考を発表する。

 T:「なんで,人によって態度を変えたらだめなの? 」

   という なおとの 質問 に あなたは 何と答えますか。

 T: 公平に接するためにどんなことを大切にしていきたいですか。

  

 

 

 

 

2 小学部第3学年道徳 合同授業の事後討議

 ① ブレイクアウトセッションを用いた役割演技により,子どもたちの表現する意欲は高まったか。

          メリット

   デメリット

・発言の機会が増えた。

・座学よりも楽しそうだった。

・気持ちを経験することができた。

・意欲が高まったか調べる手段がない。

 →その場で感想の共有をする。

  その後の役割演技をする。

・なおと役も児童が演じてはどうか。 

 

 ② ロイロノートを使った意見交流により,効果的に様々な考えを伝え合うことができたか。

          メリット

   デメリット

・意見の集約が簡単にできる。

・すぐに共有できる。

・書いているところが見られる。

・書くことに意識がいってしまった。

 →短く書くなどのルールを作る。

・画面が2つある。(ZoomとiPad)

   

 

3 小学部第2学年算数 合同授業の様子

  対象 小学部2年生 10名(SJ校2名・AC校8名)

  日時 11月20日(金) 4 校時 (SJ校・AC校 11:15~12:00)

  単元 かけ算(2)

  学習活動及び児童の様子

 導 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 


 

 T :どちらの箱のチョコレートが多いですか。         

 

                

    

 

 ロイロノートを使って自力解決をする。     

 (箱Aと箱Bを考える人に分かれる。)          

 

 ブレイクアウトセッションで話し合う。

 (AとBを解いた人が混ざったグループに分かれる。)

 

 T:作戦の名前を考えよう。  

 C1:動かし作戦  C2:半分に切る作戦

 T:同じ数のまとまりに注目すれば,かけ算を使って求められ

  ます。

 

 練習問題に取り組む。

 

 

4 小学部第2学年算数 合同授業の事後討議

 ① 多様な意見に触れるための「手立て」(ブレイクアウトセッション)は有効であったか。

          メリット

   デメリット

・少人数で支援がしやすい。          

・発表しやすくなった。

・共通の考え方に気づけた。

・初めから全体で発表して進めてもよかったのではないか。

・全体の指導を簡潔にしてもよかった。 

 

 ② 対話的学習の充実の環境づくりとしてのロイロノート+iPadは有効であったか。

          メリット

   デメリット

・共有しながら発表できた。

・一度書くことで自信を持って発表できた。    

・黒板の代わりとして活用できる。

・手段(ロイロノート)と目的(授業の課題解決)のあり方。

・学習の軌跡の残し方。

・提出まで様子が見られない。

   

 

 

5 研修のふりかえり 

            

【感想】 教師が目的を見失わず,そのためにどの